靴作りで培った確かな技術で丁寧な修理、メンテナンスを致します

靴修理MENU

  • P4270579
    01

    大切な靴のつま先補強に

    裏貼り(ハーフラバー)加工

    メンズ・レディス問わず、レザーソールは擦り減りが早くつま先部分が痛みがちです。スリップなどの危険もありますので、補強のために地面と接する部分をラバーで補強することをおすすめしております。

    □つま先の補強

    ・ハーフラバー加工 ¥3,000~ 

    ・スティール加工 ¥4,000~

    ・ラバーソールのつま先をラバー補修 ¥2,200‐

    ・レザーソールのつま先を革で補修 ¥3,000‐

    ※価格は税別

  • P4270577
    02

    擦り減ったヒールの交換

    かかと部分のお修理

    ヒール部分は歩行によって最も擦り減る箇所です。

    擦り減りが大きくなると見た目が悪くなったり、お修理料金もかさみます。定期的にチェックして、擦り減りが大きくならないうちに新しいパーツに交換することで、靴をより長くご愛用頂けます。

    □かかと修理

    ・コーナーハーフ ¥2,200

    ・ラバーリフト ¥3,000~

    ・レザーリフト ¥4,300~

    ※価格は税別

  • P4270578
    03

    パンプスのヒール交換もお任せ下さい

    ピンヒール交換など

    パンプスなどのヒール交換もお受けしております。

    側溝などで傷ついたヒール部分の補修などもご相談下さい。

    □レディースヒール交換

    ・ピンヒール交換 ¥1,000‐

    ・ピンヒール以外 ¥1,200~

    ・ヒール巻き革補修 軽度であれば無料

    ※価格は税別

ヒールの交換

歩行にも影響する大切なパーツ

ヒール部分は最も擦り減るところです

見た目と歩行に関わる箇所ですので定期的な修理をおすすめします

交換、お修理のタイミングが分からない場合にもお気軽にご相談くださいませ

つま先の補修

早めの対処で靴へのダメージを軽減

歩行によってヒールと同じく擦り減りやすいのがつま先です

新品時に補強せずすり減ってしまってもヒール同様にお修理できます

靴のデザインや素材によりお修理方法が変わりますでお持ち込みの靴ごとにお修理方法をご説明いたします

裏貼り(ハーフラバー)補強

革底のパンプスには必須

革底はラバーに比べ擦り減りやすく滑りやすいもの

とくにパンプスなどではソール自体が薄いため、補強をしないと本体が傷ついてしまいます

お気に入りの靴を末永くご愛用頂くためにも、当店では裏張り補強はご購入時にされることをおすすめしております

もちろん履き下ろされたあとにも補強はできますのでご安心下さい

オールソール交換

擦り減ったソールの交換もご相談下さい

sample-02

素材やデザインに応じたソールをご提案

靴底全体のお取替え(オールソール交換)

擦り減って穴が開いてしまったレザーソールや劣化して崩れてしまったラバーソールなど、底面全体のお取替えも承っております。メーカーや靴のデザインごとに様々ですので、お持ちの靴それぞれに適したソール修理をご提案しております。


□オールソール交換(約2週間)

・レザーソール ¥14,800~

・ラバーソール ¥12,800~

・スポンジソール ¥12,800~

・パンプス ¥9,800~   etc.

※価格は税別


修理・メンテナンス例

Before&After

  • ダウンロード
    #01

    ハイシャイン

    通常のクリームでのお手入れにプラスして、ワックスを使ってつま先やかかと部分に光沢を出す磨きです。結婚式やパーティなど華やかなシーンにご参加される際などいつもとは違った雰囲気でのご使用におすすめです。¥3,000+税

  • ダウンロード
    #02

    レザーオールソール(Jalan Sriwijaya)

    こちらはコスパ靴で有名なインドネシアのジャランスリワヤ。履き込んでソールに穴が開いてしまったのでオールソール交換でのお修理をさせて頂きました。オリジナルを再現するようにレザーソールでお直しを致しました。¥15,100+税

  • ダウンロード
    #03

    裏貼り(Sergio Rossi)

    セルジオロッシのサンダルに裏貼り(ハーフラバー)加工させて頂きました。パンプス等は特にソールが薄いものが多いため、ソールがレザーのものには早めに裏貼り補強されることをおすすめ致します。¥3,000+税

  • GridArt_20230925_172754326
    #04

    ヒール交換(John Lobb)

    キングオブ紳士靴であるジョンロブのヒール交換をお任せ頂きました。ジョンロブオリジナルのラバーソールは再現できませんが、同じ英国製のダイナイトヒールを使用してお直し致しました。¥4,000+税

  • GridArt_20230925_172933561
    #05

    ソール面修理&補強(Lepetto)

    ダンスシューズがベースのレペットのお直し&補強をご依頼頂きました。レペットはターン製法という特殊な靴の作り方をしていて、ソール交換自体が難しい靴ですので裏貼りでソール面を補強して永くご愛用頂けるようメンテナンスをさせて頂きました。ヒール部分も新しく作り直しました。裏張り¥3,000+税・ヒール¥2,000+税

  • GridArt_20230925_172417829
    #06

    裏貼り(Dior)

    ディオールのサンダルの裏貼り補強をご依頼頂きました。当店はオーダーメイドの靴店ということもあり、ハイブランドの靴のメンテナンス依頼の割合が高いです。最新の注意を払ってお取り扱いさせて頂いておりますので安心してお任せ頂ければ幸いです。¥3,000+税

  • GridArt_20230727_210902163
    #07

    タンパーツ作り替え(J.M.WESTON)

    ウエストンのローファーのタン部分をわんちゃんにかじられてしまったとの事でご相談頂きました。運よくオリジナルに近い革が見つかりましたのでパッと見では分からない程度に復元することが出来ました。¥3,000~程度により

  • GridArt_20230925_173110548
    #08

    ヒール交換(ALDEN)

    オールデンのヒール交換をご依頼頂きました。コニャック色のコードバンが素敵です。オリジナル同様のくさび型ヒールでお直し致しました。¥4,300+税

  • GridArt_20230925_174329918
    #09

    靴磨き(Gucci)

    グッチの代表作であるビットローファーのメンテナンスをお任せ頂きました。しばらく履いていなかった事で革が乾燥していたのと、つま先の擦れをクリームによる磨きで補修致しました。ダメージの程度にもよりますが、靴磨きでも靴に付いた傷はだいぶ目立ちにくくなります。¥1,100+税

  • GridArt_20231212_225031257
    #10

    スティール補強(EDWARD GREEN)

    新品のエドワードグリーンの履きおろし前にビンテージスティール補強をさせて頂きました。

    レザーソールはつま先の擦り減りが早いので金属補強しておくと安心ですね。

    ¥4,000₊税 最短当日お渡し

  • GridArt_20231212_225330944
    #11

    ヒールの擦り減り補修(Maison Margiela)

    マルジェラのサンダルのヒール部分の擦り減りを補修させて頂きました。

    フラットな一体型ソールは部分的に補修致します。

    ¥2,200₊税

  • GridArt_20231223_210630357
    #12

    裏張り補強(Santoni)

    オレンジ色のソールがアイコニックなサントーニの靴をハーフラバー補強致しました。

    履き下ろした後でも、ソールに穴が開く前であれば補強出来ますのでご安心下さいませ。

    ¥3,000₊税


  • GridArt_20240115_085501946
    #13

    ソールの剥がれを接着(miu miu)

    ソールが剥がれてしまったミュウミュウのブーツを再接着させて頂きました。

    接着剤の劣化によって靴底が剥がれてしまうことは良くありますのでお気軽にお持ちくださいませ。

    ¥2,000₊税

  • GridArt_20231212_224437984
    #14

    裏張り&ピンヒール交換(Salvatore Ferragamo)

    フェラガモのサンダルのハーフラバー補強と、劣化により崩れてしまったピンヒール部分の交換をさせて頂きました。

    シーズンものはいざ履こうと思った時にパーツが劣化していることがありますので、シーズン前に一度確認しておくと安心ですね。

    ピンヒール交換¥1,000₊税



  • GridArt_20231212_225646205
    #15

    ヒール交換(BUTTERO)

    タンニンレザーを好んで使用しているブッテロのブーツのヒール交換をさせて頂きました。

    ヒールは消耗品ですので、定期的なメンテナンスが必要になります。擦り減りが大きくなる前にお修理をおすすめ致します。¥3,000₊税

  • GridArt_20231212_224202180
    #16

    オールソール交換(SCOTCH GRAIN)

    スコッチグレインの靴のオールソール交換をご依頼頂きました。

    レザーソールから、天候を気にせず履いて頂けるラバーソールへの張替えです。

    耐久性が高くコスパに優れたVibram社製ソールを使用しています。

    ¥12,800₊税 2週間ほどお預かり

  • GridArt_20231212_224840412
    #17

    裏張り補強(HERMES)

    エルメスのパンプスにハーフラバー補強をさせて頂きました。

    つま先部分は元々ラバーで補強されていますが、レザー部分の擦り減りを保護するためには早目のハーフラバー補強がベストな選択となります。¥3,000₊税

  • GridArt_20231212_224727181
    #18

    裏張り補強(TORY BURCH)

    新品のトリーバーチのハーフラバー補強をご依頼頂きました。

    裏張りの補強は履きおろし前に貼っておくと一番状態良く履いて頂けます。

    ¥3,000₊税

靴磨き・フィッティングの調整もお任せ下さい

日々のメンテナンスから履き心地の改善まで幅広くご対応しています

  • 愛着ある靴を大切に、長くご愛用頂くために

    VISOUでは、靴磨きやフィッティング調整のご依頼も多くお任せいただいております。

    革靴はメンテナンス次第でその寿命が大きく変わってきます。特に、替えの効かないアッパーのお手入れは大切で、乾燥によるヒビ割れが起こらないよう月に一度はクリームによる保湿をおすすめしております。

    また、お持ちの靴できつくて履いていない靴やフィッティングの緩い靴がございましたらご相談下さい。

    ストレッチや、中敷きによる加工で快適に履けるよう調整致します。


    □靴磨き

    ・クリームでの磨き ¥1,000-

    ・ハイシャイン(鏡面磨き) ¥3,000‐

    □フィッティング調整

    ・ストレッチ ¥1,500‐

    ・中敷きによる調整 ¥2,000~

    ※価格は税別

    ダウンロード (3)
お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 11:00~19:00

飯田橋で靴修理はオーダー靴製作のVISOUにお任せ下さい

Access


VISOU

住所

〒112-0004

東京都文京区後楽2-18-19

窪寺ビル1F

Google MAPで確認する
電話番号

03-3868-7018

03-3868-7018

FAX番号 03-3868-7018
営業時間

11:00~19:00

定休日
代表者名

石川直希

お客様が満足のいく自分だけの靴の提供を目標に幅広い選択肢を提示し、お好みに合わせたシューズのパターンオーダーを承っております。研鑽を積んだ職人が熟練の技術にてビジネスシーンに映えるスタイリッシュな靴を製作いたします。

お問い合わせ

Contact

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

インスタグラム

Instagram